2021年02月20日

ログイン登録と配本所活用でもっと便利に

標題の記事が市の広報誌「丹波篠山」3月号に出ています。
ログイン登録2.png
図書館協議会で館長から説明された「インターネットでの蔵書検索や個人パスワードの利用等、活用方法のPR」がさっそく実行されています。
posted by ささやま図書館友の会 at 17:31| Comment(0) | 図書館のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館協議会委員募集 3/12まで

図書館協議会委員の募集が始まりました。

任期は2年
募集人員:1名
募集期間:令和3年2月19日から令和3年3月12日まで
応募資格:
  • 丹波篠山市内在住または在勤の18歳以上(令和3年4月1日現在)の方
  • 丹波篠山市議会議員又は国若しくは地方公共団体の常勤職員でないこと
  • 丹波篠山市の他の附属機関等の公募委員でないこと
応募書類:
  • 丹波篠山市附属機関等委員応募申込書
  • 「図書館が行う事業に関して重要と考えられること」をテーマに作文(800字以内)
posted by ささやま図書館友の会 at 09:17| Comment(0) | 図書館のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

大人の本の読書会 2/25に延期

25日に延期になりました。申し訳ありませんがご了解ください。
2月25日(木)10時〜12時 中央図書館視聴覚ホールです。

2月18日10時〜12時 中央図書館創作活動室
課題の本『リーチ先生』原田マハ著
(バーナード・リーチに関する本でも可)
読書会に参加したい方は直接会場にお越しください。
*次回4月の読書会に取り上げたい本や作家を提案ください。

前回10月は南木佳士の作品を各自読んだ感想を出し合いました。
南木佳士は母親が3歳の時に病気で亡くなり、自給自足に近い生活をする。
母方の祖母に育てられた体験は大きい。医者として病院に勤務しながら小説を書き続ける。
多くの死に立ち会い、臨床体験を小説化していくが、自身もパニック障害とうつに苦しむ。
南木の作品を通して医師という職業の精神的、肉体的な過酷さを実感した。
また、忍耐も柔軟性も必要な職業なのだ。
作品に『ダイヤモンド・ダスト』『阿弥陀堂だより』など。
コロナ禍のなかで改めて現場での医者自身の健康を願わずにはいられない。

posted by ささやま図書館友の会 at 07:29| Comment(0) | 大人の本を読む会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

図書コーナー 祝日も開館へ

2月10日に開かれた教育委員会(第15回定例会)において、図書館条例施行規則の一部を改正する議案が可決され、市民センター図書コーナーは祝日も開館されることになりました。日祝は5時まで、平日は従来通り6時まで。

また、図書コーナーブックサポーター制度運営要綱を廃止することも可決されました。ただし、図書館サポーター制度運営要綱の制定についての議案は継続審議となりました。
posted by ささやま図書館友の会 at 10:04| Comment(0) | 図書館のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

「本の修理」2月も中止

本の修理は2月はお休みにします。
3月からは通常通り再開します。

活動に参加されたい方は申し出てください。
又は作業当日会場(創作活動室)にお越しください。
見学だけでも良いです。
尚、活動日程は図書館内に掲示しています。
posted by ささやま図書館友の会 at 16:33| Comment(0) | 本の修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

「大人のためのお話会」延期

篠山ストーリーテリングの会主催の「大人のためのお話会」が延期になりました
3月7日(日)になります。是非お出かけください。

3月7日(日)14時〜1時間程度 丹波篠山市立中央図書館視聴覚ホール
プログラム
1.「わらすべ一本」
 『石のカヌー(小澤昔ばなし研究所)』より
2「自分はネコだと思っていた犬と自分は犬だと思っていたネコのお話
 シンガー作『お話を運んだ馬 (岩波少年文庫)』より
3「魔法使いのチョコレート・ケーキ」
 マーヒー作 同名の本(福音館書店)より
4「指輪」
 『おはなしのろうそく27(東京子ども図書館)』より
5「小さなこげた顔」
 『アメリカのむかし話(偕成社)』より
 他 
プログラムは当日変更になることもあります
posted by ささやま図書館友の会 at 11:27| Comment(0) | 友の会の仲間の輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

友の会定例会 2月9日予定

2月9日(火)10時〜12時 友の会定例会を市民センターで開催します。
  市民センター図書コーナーの来年度の運営について
  令和3年度の総会開催、年間計画など
  その他
posted by ささやま図書館友の会 at 11:19| Comment(0) | 友の会総会・定例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

「本の修理」1月は中止

本の修理1月は15日・22日の予定ですが中止といたします。
2月については改めて連絡いたします。
posted by ささやま図書館友の会 at 09:53| Comment(0) | 本の修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

図書館協議会資料に新しく出てきた言葉

11月の図書館協議会に提出された資料にでてきた新しい言葉を抜き出してみる。
  • 配本所:活性化・利用促進(従来はPR活動にとどまっていた)
  • 情報提供サービスの充実:図書コーナーでの子育て支援コーナーの充実
  • インターネット活用:インターネットでの蔵書検索や個人パスワードの利用等、活用方法のPR
  • 病院への資料設置:ニーズ調査の検討。資料の収集、整備(従来は職員間での協議検討)
  • 語学力のある職員:司書の採用時の参照
  • 地域資料等の修理・保存・活用:蔵書情報の発信と他館連携による資料提供(従来は資料活用の視点なし)
  • レファレンス機能の充実:担当分野の資料整理。調査研究ツールの情報共有と有効活用
それぞれは注意しないと気づかない小さな変化であるが、文章を変えたのには背景があるはず。これらの言葉に込められた図書館の決意に大いに期待したい。
posted by ささやま図書館友の会 at 19:31| Comment(0) | 図書館のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

図書館協議会会議録が公開されました

令和2年度第2回丹波篠山市図書館協議会の資料と会議録が公開されました。

今回は重要な方針が図書館から示されています。詳細は別に記事を書きますが、次は抜粋です。
  • 市民センター図書コーナー関係
    • 職員2名を配置し、ボランティア中心の運営から転換する(予算要求段階)
    • ブックサポーターには引き続きボランティアとして協力いただける仕組みも
    • 図書コーナー用に複本を購入するなど新刊書増加、中央からの図書の移管など、図書充実
    • 図書コーナーでの子育て支援コーナーの充実
  • 「図書館ビジョン」改訂を開始し、令和4年度からの適用をめざす
  • インターネットでの蔵書検索や個人パスワードの利用等、活用方法のPR
  • シャワートイレへの改修(今年度からの積み残し)
posted by ささやま図書館友の会 at 22:52| Comment(0) | 図書館のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする