2016年03月07日

製本教室 折本を作ってみませんか

指導:加藤俊子さん (HOO工房)
日 時:2016年3月16日(木)  13時〜16時
会 場:篠山市立中央図書館 視聴覚ホール      
参加費:700円(材料費)
製本教室.doc ★☆ 準備の都合で申し込みが必要です 
 申込み先 福山 TEL ・FAX 552−5845
posted by ささやま図書館友の会 at 09:56| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

能への誘い 春日能に寄せて 「杜若」と「春日龍神」

2016年3月5日(土)午後1時30分〜3時30分
篠山市立中央図書館視聴覚ホール
講師:吉浪寿晃 氏(観世流能楽師)
参加費:500円
来る4月9日(土)春日神社で開催の篠山春日能・演目「杜若(かきつばた)」と「春日龍神(かすがりゅうじん)」の解説をしていただきます。気軽に親しんでいただける能楽講座です。お誘い合わせの上、お気軽にお越しください。

主催:ささやま図書館友の会
posted by ささやま図書館友の会 at 19:20| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

大人の本を読む会

参加してみたい方は、直接会場にお越しください
2015年10月27日(火)
10時15分〜12時 篠山市立中央図書館 創作活動室
隔月で読書会を開いています。
取り上げる作品
『二流の人』など坂口安吾著作を読んだ
感想を語り合いましょう。


posted by ささやま図書館友の会 at 19:48| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

宮沢賢治の作品を読む会 

9月12日(土) 13時15分〜15時(隔月の第2土曜日開催)
篠山市立中央図書館 創作活動室
 ・取り上げる作品
  『貝の火』 『シグナルとシグナルス』
  参加費:三〇〇円
  テキストは用意していますが、お手持ちの本や図書館の本でも結構です。 
『貝の火』〜こうさぎのホモイは川でおぼれかけたひばりを助けたお礼に“貝の火”という宝珠をもらいますが、慢心して威張りだします。
どなたでもさんかできます。直接会場にお越しください。
posted by ささやま図書館友の会 at 14:01| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』県立図書館出前講座(報告)

8月22日(土) 読書会・大人の本を読む会を開催しました。
村上春樹著 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を溝口めぐみさん(兵庫県立図書館司書)に解説してただきました。ー 物語は「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」のふたつのパートに別れそれぞれの世界が交互に語られ物語が進行していきます。当時将来性のある無名の新人作家が登場した時、村上春樹をメディアが巨大な利権として追いかけます。氏に対する文壇の攻撃(評論家の理不尽な酷評)を「ハードボイルド・ワンダーランド」のなかで寓話として描き、物語のなかでついに傷つき病に倒れます。「世界の終り」では、壁に囲まれたダークな世界に送り込まれた〈僕〉すなわち村上自身が〈影〉ジャズ喫茶オーナー時代の兼業作家に決別し、小説家村上春樹として本格的に始動していくという強固な意志を表現しています。ー
村上氏の小説家としての背景や壁、門番、一角獣、やみくろ、計算士などなどの文中の言葉を解説していただくと、物語もくっきりと浮かび上がってくる。
参加者感想:
・こうして解説していただくとぼんやりしていたことが少しはっきりしてきます。次回を楽しみにしています。 ・詳しく解説していただいて村上文学の面白さがよくわかった。 ・読むには読んだのですが、よくわからない世界だなという感想だったのですが、作家自身の当時の状況や背景とともに、読み解いていってもらいひとつの示唆をもらいました。

posted by ささやま図書館友の会 at 13:51| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

篠山ストーリ-テリングの会夏のお話会

st-さあいよいよ夏休み!
暑い夏は図書館へ!
お話会もあります。親子で楽しめますよ


2015 夏休みお話会チラシ (1).docx
posted by ささやま図書館友の会 at 10:13| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

細見和之氏講座『ポップミュージックの伝えるもの』A

細見和之さん連続講座

第2回 2015年 7月4日(土)ボブ・ディランから中島みゆきまで
 13時30分〜15時(受付開始13時)
●会 場  篠山市立中央図書館 視聴覚ホール
●参加費  500円(資料代・運営協力費等)

第1回目は主に「ドナドナ」の歌を取り上げて、歌に込められた深いメッセージを話された。歌の底に流れるユダヤ人迫害とホロコーストへの記憶、ジョーンバエズが命がけで歌った反戦歌でもある。子牛は収容所に連れて行かれるユダヤ人で、アメリカではベトナムの戦場に行く兵士であったのに、日本では市場に売られていく悲しい子牛の歌として学校の教科書にも載り、子どもたちにも歌われた。クリスマスになると流れるジョンレノンのハッピークリスマス(War Is Over)も歌に込められたメッセージに想いを寄せることなく、商戦を盛り上げる単なるクリスマスソングとして流されるのは受け入れがたい。
2回目は日本にもメッセージ性のある歌を歌う歌手がいるとして中島みゆきを取り上げる。
ぜひお楽しみに。
posted by ささやま図書館友の会 at 22:26| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

細見和之氏講座『ポップミュージックの伝えるもの』

何気なく聴いている歌に、思わぬ遠い記憶や強いメッセージが込められていることがある。「歌」深く聴くということを試みてみたい。
第1回2015年6月6日(土)「ドナドナ」からジャニス・イアンまで
第2回7月4日(土)ボブ・デュランから中島みゆきまで
13時30分〜15時
篠山市立中央図書館 視聴覚ホール
ポップミュージックの伝えるもの.doc
posted by ささやま図書館友の会 at 21:04| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

2015年度ささやま図書館友の会総会を開催します

日 時:平成27年4月25日(土)  
受付 13時〜(年会費納入の受け付けをします。)
場 所:篠山市立中央図書館 視聴覚ホール 
総会議事   13時20分〜
・議案:26年度活動報告、決算報告
・27年度活動計画・予算(案)、役員改選等

ビデオ映画の上映 14時分〜 約1時間
『映像でみる戦後日本図書館のあゆみ』
〜 『格子なき図書館』と『図書館とこどもたち』(日本図書館協会)
『格子なき図書館』(1950年製作)は、金網ごしに本が並ぶ戦前の図書館から、無料で開放され誰でも直接本を手に取れる新しい図書館、さまざまな活動で人々が集う図書館への転換を映像で提示しています。また、『図書館とこどもたち−ある市立図書館の児童奉仕』(1979年製作)は、東京のベッドタウン、日野市の市立図書館の活動を、子どもたちとその母親を主役にして紹介しています。この2作品を通じて、戦後日本の図書館の発展の姿を、具体的に映像で捉えることができます。
posted by ささやま図書館友の会 at 21:48| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

能楽入門講座能 能の誘い 

講師 吉浪寿晃氏

(観世流能楽師)
2015年 3月29日(日)

   p.m.1:30〜3:30(受付1:00〜) 

会 場 篠山市立中央図書視聴覚ホール

参加費   500円(資料代・運営協力費等)

*来る4月11日〈土〉春日神社にて開催される、春日能の演目「采女」「須磨源氏」を題材に、実演体験を交えて解説していただきます。初めての方にも、気軽に親しんでいただける能楽講座です。お誘いあわせのうえ、お気軽にお越し下さい。(直接会場にお越しください
posted by ささやま図書館友の会 at 09:49| Comment(0) | 友の会行事案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする