2021年04月29日

NHKサイトにレファレンスの紹介が

NHKのサイトに興味深いニュースが。

レファレンス協同データベースというのは
レファレンス協同データベースは、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。目的
レファレンス協同データベース事業は、公共図書館、大学図書館、学校図書館、専門図書館等におけるレファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクション及び参加館プロファイルに係るデータを蓄積し、並びにデータをインターネットを通じて提供することにより、図書館等におけるレファレンスサービス及び一般利用者の調査研究活動を支援することを目的とする事業です。
兵庫県内の公共図書館では17図書館が加入しています。
神戸市立中央図書館
小野市立図書館
あかし市民図書館
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」
三木市立中央図書館
三田市立図書館
相生市立図書館
西脇市図書館
高砂市立図書館
姫路市立城内図書館
西宮市立中央図書館
尼崎市立中央図書館
洲本市立洲本図書館
宝塚市立中央図書館
太子町立図書館
播磨町立図書館
猪名川町立図書館
posted by ささやま図書館友の会 at 10:54| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

たんたん文庫閉館

スーパーさとうが運営していたバザールタウン内の「たんたん文庫」が閉館になりました。
たんたん文庫閉館.PNG

開設されてから27年たち、地域にも親しまれていました。当初は旧篠山町に小さな図書館が1館あるだけでした。当時ニュータウンの住吉台ができ都市部からの入居者が増え、絵本が読める図書館が求められ、町の小さな図書館では不十分でした。そのニーズに応えた形で、大型スーパーの開業と共に館内に子ども向け図書館「たんたん文庫」が開設されました。

親子で気軽に訪れスタッフの方に本の相談できる、またホッとできる居心地のいい空間でした。担当の方は児童書の専門的な知識もあり、良い本を手渡したいとコツコツ蔵書を増やしてこられただけに残念です。市立図書館が近くに建設されても、利用者には身近な貴重な存在として利用されてきました。コロナの影響で存続が難しいようですが、再開を願わずにはいられません。
posted by ささやま図書館友の会 at 17:45| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

市広報誌で「文庫の紹介」始まる

広報誌「丹波篠山」で「本との出合いをサポート 文庫の紹介」が始まりました。

5月号は文庫「もりのなか」 こどものとしょかん、6月号は「せせらぎぶんこ」でした。
もりのなか.PNG
posted by ささやま図書館友の会 at 19:52| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

「本好きフクロウの速達便」

本の修理に今田町の「こどものとしょかんもりのなか」の方が「文庫の本の修理を学びたいので」と参加されました。
20年ほど文庫を開設されているので、小さいころから通っていて大人になって訪ねて来る子もいるようです。その熱心な利用者が高校生になって『ただ児童書を紹介したいだけのフリーペーパー 本好きフクロウの速達便』を発行したと紹介していただきました。
「本好きフクロウの速達便」のブログを見てみてください。

posted by ささやま図書館友の会 at 09:04| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする